借金基礎知識:本人死亡の場合

借金の契約をした本人死亡の場合どうなるのでしょうか。
まず借金の額が少額の場合は遺族が死亡した本人のかわりに返済することになります。
基本的に借金も相続の対象ですので相続人が支払わなければいけません。
借金の額が少なくプラスの資産の方が多い場合には本人に代わって支払ったほうがいいでしょう。
もしもそのまま放置していますとどんどんと利息が増えてゆき相続人の負担が大きくなります。可能であれば一括返済をしてしまいましょう。
もしも借金の方が多く本人死亡の場合は相続人が遺産放棄してしまえば遺族のほうに支払いの義務が出る事は有りません。しかし放棄しますと別の親族が相続人になるため、そちらのほうに返済義務が生じることになります。
そうなるとトラブルになる可能性があるので相続放棄する場合には法定相続人が全て足並みをそろえて放棄するようにしましょう。
闇金の場合親族という理由だけで債務の返済を求めてくることもありますが、あまりにもしつこい場合にはすぐに警察に通報してください。
放棄した場合には全く返済の義務がありませんので放置していいのです。
ちなみに放棄をしなければ自動的に相続したことになります。放棄には期限があるので早めに対策しましょう。